Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPRS、教育機関へ「ポン太のネットの大冒険」を配布

日本レジストリサービス(JPRS)は、全国の中高校や高専を対象に、インターネットのしくみを解説したマンガ教材を無償配布する。「情報通信月間」にあわせ、5月15日から6月30日まで申し込みを受け付けるほか、PDFによる配布も行う。

JPRSでは、インターネットのしくみやドメイン名の役割などインターネットを安全に活用する上で必要となる基礎となる知識を身につけられるよう、インターネットに関する教育を支援しており、マンガ小冊子「ポン太のネットの大冒険 〜楽しくわかるインターネットのしくみ〜」を製作。無償で配布するもの。

同教材では、「ドメイン名」の役割やIPアドレスとの関係性、「DNS」のしくみや役割など、学ぶことができる。JPRSでは、こうした啓発活動を2010年より展開しており、これまで約10万冊の教材を配布している。

(Security NEXT - 2014/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
LINEでURLの危険度を判定する無償サービス - トレンド
マルウェアの解析支援ツールを無償公開 - BlackBerry
ペネトレーションテストサービスを開始 - BBSec
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス
ADの脅威診断を期間限定で無償提供 - マクニカ
中小へ専門家無償派遣でセキュ対策推進 - 継続指導に課題も
損ジャと日立ソ、IoTセキュリティ分野で協業
VDOO、CCDSにIoT機器の評価サービスを無償提供