Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県立学校18校で指導要録289件の紛失が判明 - 広島県

広島県教育委員会は、県立学校18校において、生徒の指導要録の紛失が判明したと発表した。

同委員会では、広島商業高校において生徒の指導要録を紛失していることが判明したことから、同県内の全県立学校に対し、2月13日付けで指導要録の保存状況について調査を進めていたもの。

今回の調査により、高校14校および特別支援学校4校で、あわせて289人分の指導要録が紛失していることがわかった。復元については、2校がすべて可能で、それ以外の学校では一部を除き可能としている。またいずれの学校においても、証明書などの対応は問題ないと説明している。

(Security NEXT - 2014/05/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報含む書類が車上荒らし被害に - 中部電力関係会社
小学校で転入児童に関する文書を紛失 - 江戸川区
生徒の個人情報紛失で教諭を戒告処分 - 福岡市
指導要録の写しと学籍に関する記録が所在不明 - NHK学園高校
インターンシップ応募者の個人情報をメール誤送信 - 住友重機
テレワーク目的で個人情報保存したUSBメモリを紛失 - 大阪府立高校
県立校で指導要録などを誤って裁断 - 神奈川県
学童保育所で個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 八千代市
指導手帳を一時紛失、電車内に置き忘れ - 神戸市中学校
統計調査の対象候補者の名簿を紛失 - 中津川市