Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本政府、APEC越境プライバシールールシステムに参加

日本政府による「APEC越境プライバシールールシステム(CBPRシステム)」への参加が決定した。

日本は、2013年6月に「APEC越境プライバシールールシステム(CBPRシステム)」への参加を申請していたが、米国、メキシコに次いで同システムへの参加が認められたもの。

「APECプライバシー原則」は、2004年にAPECが定めたもので、参加国や参加地域に対して同原則に基づく個人情報保護制度の策定を推奨しており、国境を越えて移転する個人情報の保護を進めるため、「CBPRシステム」を構築。APECプライバシー原則への適合性を認証している。

今後は同システムに基づき、企業など組織の認証を行う認証機関がAPECによって承認される。認証機関の認証を受けた組織は、同原則に適合していることを示すことが可能となる。

(Security NEXT - 2014/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
Chrome機能拡張の開発者をFacebookが告訴 - 個人情報収集で
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘
Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応
Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件
日本セキュマネ学会、オンライン大会を開催 - 一般も参加可能
委託先や下請け関連のインシデント対応コストが上昇傾向
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
政府、「企業のプライバシーガバナンスガイドブック」を策定