Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本政府、APEC越境プライバシールールシステムに参加

日本政府による「APEC越境プライバシールールシステム(CBPRシステム)」への参加が決定した。

日本は、2013年6月に「APEC越境プライバシールールシステム(CBPRシステム)」への参加を申請していたが、米国、メキシコに次いで同システムへの参加が認められたもの。

「APECプライバシー原則」は、2004年にAPECが定めたもので、参加国や参加地域に対して同原則に基づく個人情報保護制度の策定を推奨しており、国境を越えて移転する個人情報の保護を進めるため、「CBPRシステム」を構築。APECプライバシー原則への適合性を認証している。

今後は同システムに基づき、企業など組織の認証を行う認証機関がAPECによって承認される。認証機関の認証を受けた組織は、同原則に適合していることを示すことが可能となる。

(Security NEXT - 2014/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Pマーク事業者の事故報告は3048件 - 前年度比約15%増
JIPDEC、ECサイト関連事業者にセキュ対策徹底を呼びかけ - 啓発セミナーも開催
Apple、「iOS 16」でゼロデイ脆弱性を修正 - 「iOS 15.7」などもあわせて公開
パーソナルデータを扱う企業向けにコンサルサービス - NRIセキュア
Pマーク認知向上のアイデアを中高生から募集 - JIPDEC
ベンチャー3社、「プライバシーテック協会」を設立
SCSKに対するプライバシーマーク付与が1カ月間停止に
国内外データ保護規制に対応する実務者向けの資格認定制度を開始 - 日本DPO協会
会議室用ウェブカメラに脆弱性、詳細も公開 - 米政府は悪用脆弱性リストに追加
勤怠システムがランサム被害、総当たり攻撃で侵入か - ヴィアックス