Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

制御システムのマネジメントシステム国際標準認証を国内企業2社が世界に先駆けて取得

三菱化学エンジニアリングと横河ソリューションサービスが、制御システムのセキュリティマネジメントシステム国際標準「IEC62443-2-1(CSMS)」における認証を取得した。世界ではじめてだという。

制御システムの製造やオペレーションを行う企業におけるセキュリティマネジメントについて、国際電気標準会議(IEC)が2010年に規定した国際標準「IEC62443-2-1(CSMS)」の認証を取得したもの。

CSMS認証体制は、経済産業省の「グローバル認証基盤整備事業」により日本が世界に先駆けて構築。日本情報経済社会推進協会の認定のもと、日本品質保証機構とBSIグループジャパンが認証機関となっている。

(Security NEXT - 2014/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「制御システムセキュカンファレンス2021」の参加受付がスタート
制御システムのリスク分析を解説 - IPAがオンラインセミナー
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド
三菱電機製品の「TCPプロトコルスタック」に脆弱性 - 制御システムなどに影響
2021年2月に「制御システムセキュリティカンファレンス」開催 - CFP開始
横河電機の制御システム向けアラーム管理ソフトに複数脆弱性
2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加