Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

制御システムのマネジメントシステム国際標準認証を国内企業2社が世界に先駆けて取得

三菱化学エンジニアリングと横河ソリューションサービスが、制御システムのセキュリティマネジメントシステム国際標準「IEC62443-2-1(CSMS)」における認証を取得した。世界ではじめてだという。

制御システムの製造やオペレーションを行う企業におけるセキュリティマネジメントについて、国際電気標準会議(IEC)が2010年に規定した国際標準「IEC62443-2-1(CSMS)」の認証を取得したもの。

CSMS認証体制は、経済産業省の「グローバル認証基盤整備事業」により日本が世界に先駆けて構築。日本情報経済社会推進協会の認定のもと、日本品質保証機構とBSIグループジャパンが認証機関となっている。

(Security NEXT - 2014/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

インシデント件数、前四半期から1割増 - 「マルウェアサイト」は3.4倍に
2月に「制御システムセキュリティカンファレンス 2022」が開催
攻撃者視点で学ぶ「OTシステムハッキング」のトレーニングサービス
インド太平洋地域における制御システムのセキュリティ向上を支援 - 日米欧が連携
富士電機製の制御システム関連製品に複数の脆弱性
富士電機の「V-Server Lite」に脆弱性 - アップデートが公開
2021年3Qはインシデントが約25.9%増 - 「サイト改ざん」が倍増
VPN機器8.7万台分の認証情報が公開 - Fortinetが注意喚起
攻撃プランを自動生成する脆弱性評価用の模擬攻撃ツール - OSSで公開
2Qの「JVN iPedia」登録は2735件 - 前期の1.6倍に