Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「セキュリティ・ミニキャンプ」が名古屋で開催 - テーマは「ウェブセキュリティ」

セキュリティ・キャンプ実施協議会と情報処理推進機構(IPA)は、5月31日、6月1日の2日間にわたり、「セキュリティ・ミニキャンプ in 名古屋 2014」を開催する。

「セキュリティ・ミニキャンプ」は、情報セキュリティの人材発掘や育成を目的とした学生向けイベント。若年層の情報セキュリティ人材の育成に関心が高い地域で、2012年度より地方大会として展開している。

今回のキャンプ会場は名古屋大学東山キャンパス。「ウェブセキュリティ」をテーマに専門家を招き、脆弱性などを学ぶ。

講師は、ネットエージェントのエバンジェリストであるはせがわようすけ氏、トライコーダ代表取締役である上野宣氏、著名な脆弱性を報告していることで知られるMasato Kinugawa氏を予定している。

キャンプ初日は学生に限らず誰でも参加することが可能で、先着順で受け付ける。定員は90名。2日目は、学生を対象としており、脆弱性調査の演習を行う。定員は20名で参加者の選考がある。

イベントの詳細は、セキュリティ・キャンプ実施協議会のページから。

(Security NEXT - 2014/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国境超えた仲間とセキュリティを学ぶ「GCC 2023シンガポール」 - 参加者募集がスタート
「セキュリティ・ミニキャンプオンライン」を10月より開催
アウトドアブームに便乗? 有名ブランドの偽サイトに注意
若手国際CTFで日本人含むアジアチームが好成績 - 言葉や準備不足乗り越え奮闘
セキュキャン全国大会、週明け11日より募集開始
「セキュリティ・キャンプフォーラム2022」がオンラインで開催
「セキュリティ・キャンプ全国大会」、応募締切は5月31日
米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請
2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート
セキュキャン修了生の発表イベント - オンラインで開催