Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ノートスキャンアプリ「CamiApp」に情報漏洩のおそれ - アップデートが公開

ノートをスマートフォンのカメラで読み取るコクヨS&T製アプリ「CamiApp」のAndroid版に、アクセス制限不備の脆弱性「CVE-2014-1986」が含まれていることがわかった。

CamiApp
脆弱性が見つかったAndroid版「CamiApp」

脆弱性が見つかったのは「同1.21.1」。以前のバージョンにも含まれるという。脆弱性ポータルサイトのJVNによれば、アクセス制限に問題があり、脆弱性を悪用されると同製品のデータベースにある情報が、端末内にある他アプリより取得されるおそれがあるという。

コクヨS&Tでは、最新版となる「同1.21.2」で脆弱性を修正。提供を開始するとともに利用者へアップデートを呼びかけている。今回の脆弱性は、熊谷裕志氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。修正にあたり、JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

(Security NEXT - 2014/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「スシロー」のAndroidアプリにパスワード漏洩のおそれ - アップデートを
Android向け「AWS SDK」に脆弱性 - アップデートを
「Zoom Rooms」のクライアントに複数脆弱性 - アップデートで修正
「LINE」のKeep機能に不具合 - 特定条件下で別アカウントより閲覧可能に
「Sophos Mobile」のオンプレミス版に深刻な脆弱性
ビデオ会議「Zoom」に脆弱性 - セッション乗っ取りのおそれ
「WhatsApp」に深刻な脆弱性 - ビデオ通話でコード実行のおそれ
米政府の悪用済み脆弱性リスト、あらたに12件を追加
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる