Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ベリサイン、社名を「シマンテック・ウェブサイトセキュリティ」に - シールから「VeriSign」表記消える

日本ベリサインは、4月1日より社名を「シマンテック・ウェブサイトセキュリティ」に変更する。

同社は、米国法人の買収にともない、現在米Symantecの子会社となっており、今回シマンテックブランドに統一するもの。同社代表となる社長執行役員は、従来より引き続き、シマンテックの代表取締役社長である河村浩明氏が務める。

日本ベリサインでは、これまでも「ベリサイントラストシール」を「ノートンセキュアドシール」に変更するなど、ブランドの統一を進めてきたが、今回の社名変更により、シマンテックSSLサーバ証明書などに併記されていた「powered by VeriSign」の表記もなくなる。

今後は「powered by Symantec」となる。変更作業は、4月29日から2014年5月初旬にかけて実施される予定。利用者における作業は不要。

(Security NEXT - 2014/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

市サイトで送信した画像が閲覧可能に、マイナンバーなども - 佐賀市
複数自治体で新型コロナ患者情報の誤送付が発生
「PAN-OS」に情報漏洩など複数脆弱性が判明
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
「特別定額給付金」フィッシング、実際に誘導されるケースも
ふるさと納税の受納証明書600人分を別人へ誤送付 - みやき町
ふるさと納税関連書類を誤送付、封入ミスで - 雨竜町
生活保護受給者の複数記録簿が所在不明 - 八尾市
正規署名で検知回避する「SigLoader」 - VPN経由の標的型攻撃で悪用
「Docker API」狙う攻撃に注意 - 9月ごろより増加