Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報18件含むリストが流出、会社に届けられ判明 - ジブラルタ生命

ジブラルタ生命保険は、旧エイアイジー・スター生命の顧客情報18件が外部に流出していたことを明らかにした。

同社へ2月24日に顧客リストが届けられ、顧客情報の外部流出が判明したもの。流出したのは、2012年に合併した旧エイアイジー・スター生命の顧客リスト2枚。熊本市内の営業拠点による契約情報で、流出の経緯について現在特定作業を進めている。

同リストの作成日は2007年6月29日で、2007年6月時点における熊本市内の契約者18人の氏名、住所、電話番号のほか、被保険者氏名、証券番号、契約日、保険料、保険金などが記載されていた。病歴などのセンシティブ情報は含まれていないという。

現時点で、不正利用など二次被害は確認されていないという。同社では、対象となる顧客に謝罪している。

(Security NEXT - 2014/03/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

調剤済み処方箋や調剤録が所在不明 - 松戸市の調剤薬局
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
飲食店で患者情報を鞄ごと紛失 - 総合メディカル
複数自治体で新型コロナ患者情報の誤送付が発生
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
ファイルサーバに不正アクセス、データ流出か - 丸紅グループ会社
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
患者情報扱うPCが所在不明、店舗リフォーム時に誤廃棄か - 調剤薬局
不正アクセスで顧客情報約8.8万件が被害か - 保険代理店
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院