Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

上書き保存気付かず個人情報リストを誤送信 - 東京都しごとセンター

東京都しごとセンターにおいて、利用者12人の個人情報含むファイルを別の利用者5人に添付してメール送信していたことがわかった。

同センターを運営する東京しごと財団によれば、30歳から54歳までの雇用就業支援業務を委託しているパソナの従業員が、2月24日16時ごろセンター利用者5人に対し、誤って個人情報を保存したファイルを送信したもの。

本来ならば同ファイルには求人情報が記載されていたが、送信前に別の担当者が誤って利用者リストで上書き保存していた。それに気付かず添付して送信してしまったという。

誤送信されたファイルには、利用者12人の氏名、メールアドレス、利用者登録番号含まれる。添付ファイルを送信する際に、開封して事前に内容を確認する手順が定められているが、確認していなかった。

同日中に、誤送信先の5人に対しパソナが説明と謝罪を行い、データの削除を要請。翌25日には、情報流出の対象となった12人に説明と謝罪を行った。

(Security NEXT - 2014/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Emotet」感染で大量のなりすましメールが送信 - 理研香料
「Emotet」に感染、なりすましメールが送信 - 岩出建設
日本医師会で「Emotet」感染 - 「なりすましメール」出回る
マルウェアに感染でなりすましメール - 浄水器販売会社
顧客のメールアドレスを誤送信 - ノジマオンライン
違法行為など行った教員情報を誤送信 - 新潟県
再委託先が個人情報含むファイルをメールに誤添付 - 愛知県
インターンシップ参加予定者の個人情報を誤送信 - 新潟県
県立高校で携帯電話の持込申請書が所在不明 - 岐阜県
「雇用調整助成金」システムの不具合 - ブラウザ「戻るボタン」で意図せぬ表示に