Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パロアルト、拡張性備えた「PA-7050」をリリース

パロアルトネットワークスは、アプリケーションの通信制御などを実現する同社ファイアウォールの新製品「PA-7050」を提供開始した。

同製品は、シングルパスで通信内容を検証し、アプリケーションの通信を可視化したり、制御できるファイアウォールの新製品。ファイルがマルウェアではないかサンドボックスを用いて検証する「Wildfire」を利用することも可能。

同社独自の「PAN-OS」を搭載。シャーシにネットワーク処理カードをあとから追加できる拡張性を備えており、アプリケーション制御利用時に最大120Gbpsのスループットを実現している。

(Security NEXT - 2014/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
UTMに1Uの高スループットモデルを追加 - ウォッチガード
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
不正通信診断サービスを1月29日まで無償提供 - ALSI
機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト
イー・ガーディアン、JP-Secureを完全子会社化
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
FWルールを自動生成する産業制御システム向けルータ - フエニックス
WAFにDDoS防御機能を追加 - CDNetworks