Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットバンク利用者狙うマルウェア「Zeus」、1年で3.4倍に - 日本の感染割合が上昇

オンラインバンキングのアカウント情報を詐取する「Zeus」の国内検出件数が、ここ1年で3倍以上に急増している。

「Zeus」は、金融機関のアカウント情報を窃取することで知られ、別名「Zbot」とも呼ばれているマルウェア。トレンドマイクロが2013年の検出状況を取りまとめた。

同社が2013年に検出した「Zeus」は、2012年の7375件から2万5175件へと跳ね上がり、前年比3.4倍の規模に拡大した。四半期ベースで見ると、2012年第4四半期は2057件だったが、その後増加傾向が続き、2013年第4四半期には、9543件と前年同期比4.6倍に拡大している。

ブラウザ上のデータを改変したり、窃取する「マンインザブラウザ(MITB)」攻撃は、これまでおもに海外で確認されていたいたが、偽ポップアップ画面で第2認証の情報を詐取する攻撃など、国内で本格化したことが影響した。

世界的に見ても日本における感染割合は、2013年第1四半期の3%から第4四半期の19%へ大きく上昇している。これは米国の22%に次ぐ数字で、世界的に日本が標的になっていると同社は指摘している。

(Security NEXT - 2014/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング悪用ブランド、「au」が世界2位 - 「Emotet」国内活動は7割減
J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
2021年に観測が多かったマルウェア、大半が5年以上活動 - ランサム感染にも関与
テレワークで機密情報の特例持出が増加 - ルール遵守、半数近くが「自己確認」のみ
2Qセキュ相談、前四半期比約25%減 - 半減するも依然多い「Emotet」相談
「Mirai」によるパケットが増加 - 送信元の多くで防犯用映像記録装置が稼働
インフラ関係者9割超、サイバー攻撃による産業制御システムの中断を経験
2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加
2021年度下半期、標的型攻撃対応で62件の緊急レスキュー実施
5月に勢い増した「Emotet」 - 海外にくらべて高い国内検知率