Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

TOKAIコム、クラウド型メールサービスで誤送信対策を強化

TOKAIコミュニケーションズは、法人向けクラウド型メールサービス「OneOfficeメールソリューション」の最新版を、4月14日より提供開始する。

同ソリューションは、「メールボックス」や「メールアーカイブ」「アンチウイルス」「添付ファイルのZIPパスワード化/Webダウンロード」「送信メールフィルタリング」の6つのサービスから構成され、自由に選択して利用できる。

最新版では、メールボックスサービスにおいて、アカウントの利用機能制限を5段階から30段階へ拡張。柔軟なセキュリティ制御が可能。またスマートデバイス向けウェブメールを刷新し、英語と中国語に対応するなどウェブメールの利便性が向上した。

さらに誤送信対策機能も強化。添付ファイルのダウンロード機能をあらたに搭載したほか、送信メールの一時保留機能、第三者確認機能、BCC強制変換機能などが利用可能になった。

(Security NEXT - 2014/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クラウド型のウェブ閲覧環境分離サービス - 高リスクサイトだけの利用も
脆弱性管理など必要時のみ利用できる新ライセンス体系 - エフセキュア
クライアントのログ管理サービスをクラウドで提供 - ラネクシー
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能
A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
組織が利用するIPアドレスを可視化するサービス - ラック
パブリッククラウドのセキュ診断サービス - イエラエ
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
ラック、「ゼロトラスト時代のSOC構築と運用ガイドライン」を公開