Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

TOKAIコム、クラウド型メールサービスで誤送信対策を強化

TOKAIコミュニケーションズは、法人向けクラウド型メールサービス「OneOfficeメールソリューション」の最新版を、4月14日より提供開始する。

同ソリューションは、「メールボックス」や「メールアーカイブ」「アンチウイルス」「添付ファイルのZIPパスワード化/Webダウンロード」「送信メールフィルタリング」の6つのサービスから構成され、自由に選択して利用できる。

最新版では、メールボックスサービスにおいて、アカウントの利用機能制限を5段階から30段階へ拡張。柔軟なセキュリティ制御が可能。またスマートデバイス向けウェブメールを刷新し、英語と中国語に対応するなどウェブメールの利便性が向上した。

さらに誤送信対策機能も強化。添付ファイルのダウンロード機能をあらたに搭載したほか、送信メールの一時保留機能、第三者確認機能、BCC強制変換機能などが利用可能になった。

(Security NEXT - 2014/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
脅威情報や対策を提供する「MVISION Insights」 - マカフィー
MS 365の保護ソリューション、カレンダーにも対応 - エフセキュア
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
SISとAeye、サイトの脆弱性診断サービスの提携拡大
脅威の検知や対応を支援する「Infinity SOC」 - チェック・ポイント
マルチクラウドとセキュリティ対策の管理プラットフォーム - TIS
ログ監視やデバイス制御のクラウドサービス
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP