Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Android向けブラウザ「Opera」に脆弱性 - アップデートが公開

Android向けに提供されているウェブブラウザ「Opera browser for Android」に、情報漏洩の脆弱性が含まれていることがわかった。アップデートが提供されている。

同アプリに、Cookieファイルが外部へ漏洩する脆弱性「CVE-2014-0815」が判明したもの。今回見つかった脆弱性は「同18」および以前のバージョンに含まれる。

今回見つかった脆弱性は、三井物産セキュアディレクションの寺田健氏がOpera Softwareに報告。修正にあたりJPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。現在、脆弱性を修正したアップデート「同19」が提供されている。

(Security NEXT - 2014/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
スマホアプリ「ぐるなび」に脆弱性 - 任意サイトへの誘導に悪用されるおそれ
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
CiscoのWindows向けVPNクライアントに脆弱性 - 更新を
エレコムの旧複数製品に脆弱性 - サポート終了製品の利用中止を
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
「Firefox」に深刻な脆弱性 - Android版にも影響
「Firefox 83」公開、HTTPS限定モードを追加 - 脆弱性21件を修正
学習管理アプリに外部連携の「APIキー」がハードコード - キーの無効化やアップデートを実施