Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

UTMのセキュリティレポートを複合機で出力できるソリューション

京セラドキュメントソリューションズジャパンとウォッチガード・テクノロジー・ジャパンは、「セキュリティーレポート連携パッケージ」を2月下旬より提供開始する。

同ソリューションは、ウォッチガードのUTMアプライアンス「WatchGuard XTMシリーズ」と京セラのデジタル複合機との連携を可能にするパッケージ。UTMが提供するネットワークセキュリティに関する稼動レポートを、複合機の操作パネルから直接印刷できる。

具体的には、「拒否パケット一覧レポート」「ウイルス検知レポート」「コンテンツフィルタリングブロックレポート」「クライアントごとのWebアクセス一覧」「REDブロックレポート」の5項目についてグラフィカルなレポートを提供する。

(Security NEXT - 2014/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含むファイルを検出し、傾向と対策を示すサービス
ソニーペイメントと日商エレ、不正決済の検知サービス
外部委託先のサイバーリスクを診断するサービス - GRCS
脆弱性診断サービスを刷新、最短3日のプランも - PSC
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
損ジャと日立ソ、IoTセキュリティ分野で協業
「サイバー攻撃疑似偵察サービス」を開始 - NEC SI
Microsoft Defender ATP、ファームウェア経由の攻撃対策を強化
端末状況を可視化する「コンプライアンス調査サービス」
PR代行のベクトルがセキュリティ事業に参入