Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブアプリの脆弱性が悪用され改ざん被害 - 清和女子中高校

高知県の清和女子中高校のウェブサイトが不正アクセスを受け、改ざん被害に遭ったことがわかった。

同校によれば、ウェブアプリケーションに存在する脆弱性が攻撃を受け、改ざんされたもので、12月19日に発覚した。イタリア語により政治的な主張などが書き込まれていた。

ウェブサーバに保存されていた情報は、公開情報のみで個人情報の漏洩は発生していないと同校では説明。翌20日にウェブサイトの復旧を図るとともに、ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)の導入やアクセス制御など対策を講じたという。

(Security NEXT - 2013/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

出光クレジットの会員サイトで情報流出の可能性 - 外部サービスが改ざん
資格検定申込サイトへSQLi攻撃 - メアド流出の可能性
農研機構の運営サイトが改ざん - トップページに無関係のイラスト
カタログギフト販売サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出した可能性
アニメ制作会社ショップに不正アクセス - 顧客情報が流出
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
ひな人形の通販サイト、クレカ含む個人情報が流出した可能性
カラコン通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出、不正利用された可能性
サイト改ざんで迷惑メール送信の踏み台に - リサイクル事業者
農業用品メーカーサイトで情報流出 - 診断で異常発見、被害認知に時間要す