Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTソフト、標的型メール対策製品をリニューアル

NTTソフトウェアは、「CipherCraft/Mail 標的型メール対策」にサーバ設置型を追加するなど、企業のPC利用環境に柔軟に対応できるようリニューアルを行った。

同製品は、受信したメールを独自エンジンで分析し、メールクライアントで受信する前に標的型攻撃の疑いのある不審なメールを隔離するソリューション。分析情報を通知し、従業員がその情報をもとに安全と判断したのみ受信する。

今回のリニューアルでは、従来の受信端末にインストールするタイプにくわえ、クライアントソフトが不要なサーバ製品をラインナップに追加した。不審メールの通知を受けたユーザーの操作情報や、不審メールの傾向などがわかる属性情報の記録にも対応している。

(Security NEXT - 2013/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不審報告の3割が「悪意あるメール」 - 「リスク」高いフレーズも
Officeファイル開くとコード実行されるゼロデイ脆弱性が判明 - すでに悪用も
従業員メルアカが乗っ取り被害、訓練効果で早期に把握 - EIZO
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
東京商工会議所、会員向けセキュ対策でコンソーシアムを発足
2021年2Qのインシデントは減少 - スキャン行為は増加
「SonicWall」の旧製品に差し迫るランサムウェアの危機
2020年度下半期の「J-CRAT」相談は201件 - レスキュー支援が増加
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験