Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キヤノンITS、メモリ上の監視や脆弱性の悪用対策強化したESET新版を発売

キヤノンITソリューションズは、ESET製コンシューマー向けセキュリティ対策ソフトの新版を12月12日より販売開始する。

最新版のWindows向けプログラムでは、従来の定義ファイルによる防御やヒューリスティック検知にくわえ、あらたにメモリ上の動作を監視する検出機能「アドバンスドメモリスキャナー」を搭載。

脆弱性を悪用する動作を監視する「エクスプロイトブロッカー」のほか、さらに「ESET Smart Security V7.0」では、外部からのネットワーク攻撃を防御する「バルナラビリティシールド」を追加している。

また最新版では、「Windows」「Mac」「Android」のマルチプラットフォームに対応。家族や友人とライセンスを共有できるマルチユーザー版も用意した。

またラインナップを整理し、コンシューマー向け製品と小規模法人をターゲットとした「法人向けクライアント専用製品」として展開していく。

(Security NEXT - 2013/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ノートン360」の上位製品に個人情報流出の通知機能
法人向けESETエンドポイント製品のWindows版に新版 - 暗号化製品も追加
コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
コンシューマー向けパスワード管理製品を発売 - カスペ
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
B2C事業者向けIDアクセス管理ソリューションに新版 - GDPRに対応
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
個人向けバックアップソフトに新版 - クラウドへの自動コピーに対応
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス