Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

郵便物の配達に使用する居住者リストの紛失が再び発生 - 上野郵便局

都内の上野郵便局において、配達エリアの居住者に関する情報を記載した内部資料の紛失が判明した。同局では、同様の紛失事故が10月末にも発生している。

日本郵便東京支社によれば、所在不明となっているのは郵便物の配達に使用する居住者情報を記載した内部資料。11月11日に紛失が発生した。

紛失した資料には、配達エリアである台東区根岸の一部世帯情報が記載されていた。現在居住している22世帯89人の世帯主氏名または会社名、住所、家族や同居人の氏名と、過去居住していた25世帯36人の氏名または会社名を含むという。同社は、同様の事態が発生しないよう、あらためて指導を徹底したいとしている。

(Security NEXT - 2013/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

看護専門学校で成績査定表や解答用紙が所在不明 - 岐阜県
4郵便局で顧客情報含む書類の紛失が判明 - 日本郵便
取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便
個人情報記載の乳がん検診受診票を誤送付 - 墨田区
郵便物差出票に個人情報含む用紙を再利用 - 大阪市
無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社
転送処理などに用いる郵便関係書類を紛失 - 北海道の郵便局
ふるさと納税寄付者の個人情報が流出、郵便誤配達で - 八千代市
居住者情報の記載資料が所在不明に - 仙台市の郵便局
在宅医療機器関連の個人情報、発送後所在不明に - フィリップス