Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

gooのツールバーにマルウェアサイト警告機能 - 「ACTIVE」よりデータ提供受けて

NTTレゾナントは、ブラウザ向けツールバー「gooスティック」にマルウェア配布サイトの警告機能を追加した。

同社では、総務省が主導する官民連携によるマルウェア対策支援プロジェクト「ACTIVE」に参加しており、その取り組みの一環として提供するもの。

同機能の搭載により、ユーザーがマルウェアに感染するおそれがあるウェブサイトへアクセスしようとすると、ポップアップにより警告を表示し、注意喚起促すことが可能となった。マルウェア配布サイトのデータベースは、同社が保有するデータにくわえ、「ACTIVE」がハニーポットを用いて収集した情報を活用している。

対象となる「gooスティック」は、「gooスティック 通常版」「緑のgooスティック」「節電gooスティック」「OCNツールバー Powered by goo」のバージョン6.2。

(Security NEXT - 2013/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

氏名やIPアドレスの透かしで画面撮影を抑止するソフト
「Windows Kerberos KDC」の脆弱性に実証コード - 完全な対応には
VMware複数製品の脆弱性、ロシア攻撃グループが悪用か - 米政府主張
Windowsに危険度高い脆弱性「Bad Neighbor」 - ワーム発生に要警戒
Windows向けの旧版「ウイルスバスタークラウド」に複数脆弱性
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
「Samba」に4件の脆弱性 - アップデートがリリース
ADの脅威診断を期間限定で無償提供 - マクニカ
海外拠点経由の不正侵入で情報流出、内部横展開も - NTTコム
クラウドの設定ミスを防ぐ診断サービス - ラック