Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソースネクスト、公衆無線LANで盗聴防ぐ「Wi-Fi セキュリティ」

ソースネクストは、公衆無線LANにおける通信を暗号化して盗聴を防ぐコンシューマー向けソフト「Wi-Fi セキュリティ」のダウンロード版を提供開始した。

同製品は、米AnchorFreeの「Hotspot Shield Elite」を国内向けに提供するもの。VPNを利用することで、セキュリティ対策が不十分な無線LANにおける盗聴などを防止する。

またフィッシングサイトへのアクセスをブロックするフィッシング対策機能を搭載。またVPNによる接続先のサーバを、米国、イギリス、オーストラリア、日本から選択することが可能で、接続先へ本来の接続元のIPアドレスを残さないなど匿名アクセスを実現する。

「Windows」「Mac OS X」「iOS」「Android」に対応しており、同一ユーザーに限り5台まで利用できる。価格は3129円。パッケージ版は12月6日に発売する予定。

(Security NEXT - 2013/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国立病院機構、職員が患者情報約14万件含むPCを持ち出し - オークション落札者の連絡で判明
公共事業受託事業者のランサム被害、流出範囲特定で難航か
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
SMBC信託銀のクラウド設定ミス、暗号化暗証番号が平文で閲覧も
委託先でランサムウェア感染、情報流出の可能性 - 千葉県芝山町
SMBCグループ2社、クラウド設定不備で顧客情報に外部アクセス - バグで対象者特定できず
委託先でランサム感染、市営住宅入居者情報が流出か - 旭川市
海外ゲームメーカーでランサム被害 - 人気タイトルのソースコード流出か
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
血液検査結果を保存したUSBメモリが所在不明 - 北野病院