Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

妊婦の健康診断受診票466件を誤って廃棄 - 香取市

千葉県香取市は、妊婦健康診査受診者の個人情報が記載された帳票466件などを、ごみと間違えて廃棄していたことを明らかにした。

同市の健康づくり課において、9月30日に宅配便として受領した「妊婦健康診査請求書類一式」をごみと誤り、廃棄したもの。10月1日に委託業者が回収し、処分場で焼却処分されたと見られている。

誤廃棄したのは、医療機関委託妊婦健康診査受診票466枚で、受診者の氏名、住所、電話番号、生年月日、受診年月日、出産予定日などが記載されている。このほか、妊婦健康診査データ保存用DVDなども誤廃棄されたが、個人を特定できるデータは含まれないという。

同市では、データ保存用DVDを再発行し、そのデータをもとに健康診査受診票を復元するなどの対応を行う。また関係者に対し文書で謝罪する方針。

(Security NEXT - 2013/10/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

住民票や戸籍証明の請求書が箱ごと所在不明に - 静岡市
顧客情報記載の伝票が所在不明 - イズミヤショッピングセンター
従業員が顧客情報を家庭ゴミに、郵送され発覚 - サカイ引越センター
顧客情報が記載された伝票綴りが所在不明 - 栃木銀
高齢者免許証返納支援事業で個人情報が所在不明 - 福岡県
河川敷に患者情報含む書類、原因を調査 - 十和田市立中央病院
高校で指導要録を紛失、誤廃棄の可能性 - 三重県
顧客情報含むクレカ審査資料を紛失 - 中国電力
疾病関係の行政文書が所在不明、廃棄前の引き継ぎで判明 - 奈良県
個人情報含む一部建物事前調査報告書が所在不明 - 新潟県