Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペ、日本や韓国でゲリラ的な標的型攻撃を確認 - 特にMac利用者で被害が拡大

露Kaspersky Labは、欧米企業のサプライチェーンを攻撃対象とし、小規模で短期間に情報を盗み出すゲリラ的な標的型攻撃を日本や韓国国内で確認したことを明らかにした。

同社によれば、今回確認したスパイ活動は、「Icefog」や「Fucobha」と呼ばれるバックドアを利用。2011年より活動を開始しており、ゲリラ的な攻撃を積極的に展開しているという。

攻撃者は、少なくとも日本、中国、韓国の3カ国を活動拠点とし、小規模なグループで、数日から数週間という短期間に高精度で情報を窃取。盗み出したデータをコマンド&コントロールサーバへ送信すると証拠を消し去り、攻撃を停止するなど、長期にわたり潜入活動を行う従来の攻撃と異なる傾向を示している。

攻撃対象は、「軍」「造船」「海運」「ソフトウェア開発」「研究機関」「通信」「衛星」「マスメディア」と多岐にわたり、メールアカウントのログイン情報や、ネットワークなどのパスワードを標的としていた。

攻撃には、70以上のドメインが利用されており、同社ではその一部から被害の状況を調査。コマンド&コントロールサーバ内のログから、日本や韓国をはじめ、台湾、香港、中国、米国、オーストラリア、カナダ、イギリス、イタリア、ドイツ、オーストリア、シンガポール、ベラルーシ、マレーシアなど広い地域が攻撃対象となっていたことがわかったという。

またバックドアに感染したIPアドレスは4000件以上にのぼり、Mac OS X利用者において350件、Windowsにおいて数十件の被害を確認している。

(Security NEXT - 2013/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2020年上半期の標的型攻撃は3978件、前年同期の約1.5倍に - 警察庁まとめ
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
サイバー保険を付帯した標的型攻撃メール訓練をOEM供給
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
「ランサムDDoS」を国内で観測 - 支払有無で結果変わらず
DoS/DDoS攻撃キャンペーンに警戒を - 各国機関が注意喚起
米政府、北朝鮮関与「BeagleBoyz」に注意喚起 - 金融機関狙う「FASTCash 2.0」を展開か
標的型メール攻撃で感染する「Konni」に警戒呼びかけ - 米政府
8月修正のIE脆弱性、韓企業狙う標的型攻撃で悪用