Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エフセキュア、コンシューマー向け製品の2014年版 - 脆弱性の悪用防ぐ「ディープガード5」搭載

エフセキュアは、コンシューマー向けセキュリティ対策ソフトの最新版「エフセキュア インターネット セキュリティ 2014」のダウンロード版を提供開始した。パッケージ版は10月17日より出荷開始する予定。

同製品は、Windows向けのセキュリティ対策ソフト。最新版では、脆弱性を悪用するエクスプロイトのブロックに特化した「ディープガード5」を搭載。悪用の頻度が高いプログラムのプロセスを監視し、エクスプロイトの可能性がある悪質な振る舞いを検知してブロックする。ビヘイビアベースのため、ゼロデイ攻撃にも有効だとしている。

このほか、ネットバンキング利用時のセキュリティ設定レベルを引き上げて特別なプロテクション機能を提供する「バンキングプロテクション機能」の強化や、Facebookプロフィールのプライバシー設定をチェックする新機能「Safe Profile」を追加した。

価格は、1年1台ライセンスでダウンロード版が3780円、パッケージ版が3980円。

(Security NEXT - 2013/09/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
コンシューマー向けパスワード管理製品を発売 - カスペ
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
B2C事業者向けIDアクセス管理ソリューションに新版 - GDPRに対応
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
個人向けバックアップソフトに新版 - クラウドへの自動コピーに対応
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
BBSS、iPhone向けに詐欺SMS対策アプリ - 外部サーバで解析
Sophos、コンシューマー向けソフトに新版 - 検知エンジンを拡充