Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

6月に判明した顧客情報の紛失を公表 - 日本海信金

日本海信用金庫は、国府支店において、顧客情報2033件が記載された帳票が所在不明になっていることを明らかにした。

所在が不明なのは、顧客から現金や小切手などの入金依頼や、証書や通帳の預け依頼があった時に使用する「依頼票」。2012年度の使用済み43冊を紛失していることが、6月21日に判明した。顧客の氏名、口座番号、取引金額など、推定で2033件の顧客情報が記載されていたという。

同金庫では使用済み依頼票の保存期間は7年と規定しているが、6月6日に同支店で不要書類の廃棄処分を行った際、誤って一緒に処分した可能性が高いと説明。外部からの問い合わせなども確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2013/09/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報記載の書類が所在不明、誤廃棄の可能性 - 埼玉県信金
休眠口座の印鑑届が所在不明に - 浜松いわた信金
商品券事業で委託先が個人情報を目的外利用 - 豊田市
2支店で顧客情報記載の伝票綴りを紛失 - 京都中央信金
顧客情報含む書類を保管箱ごと紛失、誤廃棄か - 興能信金
同意なしで信用情報取得、営業に利用 - 鹿児島信金
2支店で伝票約1万4000件を紛失 - きのくに信金
顧客情報1.4万件紛失、保存箱ごと所在不明に - 徳島信金
3店舗で顧客情報約2.4万件を紛失 - 福井信金
25~35年前の一部カードローン契約書など、紛失が判明 - 熊本信金