Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デジタルアーツ、Windowsにも対応した「i-FILTER ブラウザー&クラウド」を提供開始

デジタルアーツは、法人向けクラウド型ウェブフィルタリングサービス「i-FILTER ブラウザー」をWindows PCにも対応させ、「i-FILTER ブラウザー&クラウド」にリニューアルした。

同サービスは、企業向けウェブフィルタリングソリューション。これまでiOSやAndroidなどスマートデバイス向けのクラウドサービスとして展開してきたが今回Windowsに対応プラットフォームを拡張。クライアント証明書にも対応した。サーバを設置せずにフィルタリングを導入可能で、端末のクライアント上に情報を残存させないよう設定できる。

すでにWindows向けに新版のクライアントを提供開始しており、iOSやAndroid端末には9月下旬より提供する予定。価格は、5ユーザーで年額1万7325円から。

(Security NEXT - 2013/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
文教向けにMDMとフィルタリングのパッケージ - ハンモック
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応
クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ
フィルタリング製品に新版、安全性未確認URLへのPW送信を遮断
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
クラウド型ウェブゲートウェイにログ分析オプション
ウェブフィルタリングソフトにアイソレーション機能 - ALSI