Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「PhishWallプレミアム」が「Firefox」と「Chrome」をサポート

セキュアブレインは、金融機関向けフィッシング対策ソリューション「PhishWallプレミアム」の対応ブラウザに「Firefox」と「Chrome」を追加した。

同製品は、金融機関が「PhishWallサーバ」を導入し、顧客がPCに「PhishWall クライアント」をインストールすることで、顧客がアクセスした金融機関のサイトがフィッシングサイトではない正規サイトであることを証明するソリューション。

視覚的に安全をアピールするほか、ブラウザを乗っ取るMITB攻撃型ウイルスに顧客のPCが感染していないかチェック。感染の兆候があった場合、警告の表示やウイルスの無効化を行う。

従来は「Internet Explorer」のみ対応だったが、「Firefox」と「Chrome」にあらたに対応し、両ブラウザに対応するクライアントソフトを公開した。同社サイトから無料でダウンロードできる。

(Security NEXT - 2013/08/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
SMS認証に入力画面の判別機能 - PayPay
PR代行のベクトルがセキュリティ事業に参入
休校措置でネット利用増の教育機関にセキュ学習を無償提供
正規と同スレッドに表示される偽SMS - SBが注意喚起
「Yahoo!メール」が「DMARC」導入 - なりすましメール対策を強化
トレーニングサービスにセキュリティ意識の評価機能
DNSクエリで不正通信遮断するクラウドサービス - 教育実施も