Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「PhishWallプレミアム」が「Firefox」と「Chrome」をサポート

セキュアブレインは、金融機関向けフィッシング対策ソリューション「PhishWallプレミアム」の対応ブラウザに「Firefox」と「Chrome」を追加した。

同製品は、金融機関が「PhishWallサーバ」を導入し、顧客がPCに「PhishWall クライアント」をインストールすることで、顧客がアクセスした金融機関のサイトがフィッシングサイトではない正規サイトであることを証明するソリューション。

視覚的に安全をアピールするほか、ブラウザを乗っ取るMITB攻撃型ウイルスに顧客のPCが感染していないかチェック。感染の兆候があった場合、警告の表示やウイルスの無効化を行う。

従来は「Internet Explorer」のみ対応だったが、「Firefox」と「Chrome」にあらたに対応し、両ブラウザに対応するクライアントソフトを公開した。同社サイトから無料でダウンロードできる。

(Security NEXT - 2013/08/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「金融犯罪対策コンサルティングサービス」を提供 - ラック
ドコモ、スミッシングを拒否設定 - 申込不要で自動設定
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
ユービーセキュア、攻撃対象領域の調査サービスを開始 - 設定不備や機微誤公開も
ラック、金融犯罪対策に注力 - 新組織を立ち上げ
フィッシングメールを演習用ひな形に変換する新機能 - KnowBe4
フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
カスタマイズ可能なフィッシングの模擬演習サービス- エフセキュア