Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールニュース読者に誤ってマルウェアをメール配信 - 都産技研

東京都立産業技術研究センターは、メールニュースの読者に対し、誤ってマルウェアを添付したメールを送信したことを明らかにした。マルウェアは、コンピュータから情報を盗み出すトロイの木馬だという。

同センターによれば、7月19日18時53分に「都産技研メールニュース」読者にメールを配信する際、本来ならば同センターの事業や技術に関する情報を配信すべきところを、メールニュース配信用アドレスに送られた悪意あるメールを、操作ミスにより配信したという。

メールの件名は「Scanned Image from a Xerox WorkCentre」で、添付されたウイルスは「PWS:Win32/Fareit.A」「TROJ_FAREIT.AB」「Generic PWS.y!dts」などの名称で呼ばれるトロイの木馬だった。感染するとコンピュータから情報を盗み出して外部に送信する。

同センターでは、メールや添付ファイルを開封しないよう注意を呼びかけている。また今後、「都産技研メールニュース」は配信専用のアドレスを使用し、メール受信は行わないなどの対策を講じるとしている。

(Security NEXT - 2013/08/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
テレワーク増えるコロナ禍のCSIRT対応プラクティス集
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
新コロ便乗、2Qに急増 - 不正サイト誘導14.6倍に
フィッシング攻撃が多い曜日は? - 悪用ブランドはMSが突出
新コロ患者情報をサイトに誤掲載、複合機でデータ取り違え - 神戸市
新型コロナ感染症発生届のファックスを誤送信 - 名古屋市
財務省、実践的サイバー防御演習の見直し求める
VPN認証情報漏洩に見る脆弱性対策を浸透させる難しさ
LINEでURLの危険度を判定する無償サービス - トレンド