Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティアプリ「TrustGo」に脆弱性 - 最新版ではマスターキー脆弱性への対策機能も

TrustGoが提供するAndroid向けセキュリティ対策アプリ「TrustGo Antivirus&Mobile Security」にサービス拒否の脆弱性「CVE-2013-3580」が含まれていることがわかった。

脆弱性情報サイトのJVNによれば、同じ端末内で、脆弱性を攻撃する不正なアプリケーションを使用した場合、サービス拒否に陥る可能性がある。影響を受けるのは、「同v1.2.7」以降のバージョンで「同v1.3.5」までが影響を受ける。

同社では、Google Play上で脆弱性を修正した最新版「同v1.3.6」を公開した。同バージョンでは、脆弱性の修正のほか、Androidで判明した署名処理の脆弱性を悪用するアプリを検知する機能も追加されている。

(Security NEXT - 2013/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマホアプリ「ぐるなび」に脆弱性 - 任意サイトへの誘導に悪用されるおそれ
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
CiscoのWindows向けVPNクライアントに脆弱性 - 更新を
エレコムの旧複数製品に脆弱性 - サポート終了製品の利用中止を
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
「Firefox」に深刻な脆弱性 - Android版にも影響
「Firefox 83」公開、HTTPS限定モードを追加 - 脆弱性21件を修正
学習管理アプリに外部連携の「APIキー」がハードコード - キーの無効化やアップデートを実施
「Mozilla VPN」に脆弱性 - アップデートがリリース