Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

精神科受診者の個人情報含む書類やCD-ROMを紛失 - 長野県

長野県は、精神科受診者への医療費扶助に関する書類、およびCD-ROM3枚を紛失していたことを明らかにした。のべ2万9431件の個人情報が含まれる。

所在がわからなくなっているのは、2012年9月の医療費請求に関する名簿やレセプトなど、個人情報が記録されていた書類や光ディスク。2012年11月上旬に審査支払機関より同県が受領したが、2013年3月23日に紛失が判明した。

これらには、同県が精神科への通院を援助している自立支援医療費の受給者や、措置入院対象者の氏名、病名、受診医療機関、医療内容、処方内容、医療費など、のべ2万9431件の情報が含まれる。レセプト情報1万5665件が保存された2枚のCD-ROMに対しては、セキュリティ対策が講じてあるという。

外部に持ち出した形跡はなく、また部外者の立ち入りが困難な場所に保管されていたとして、課内で誤って廃棄した可能性が高いと説明している。また同県では対象となる受給者および関係機関に謝罪。書類管理を徹底し課内でのチェック体制を強化するなど、再発防止に取り組む。

(Security NEXT - 2013/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

心理検査結果を個人PCに送信、誤って31市町にも - 静岡県
患者情報入りUSBメモリが院内で所在不明に - 量研機構運営病院
診療情報を記録したデジカメを紛失 - さいたま市民医療センター
修理依頼の過程で電子カルテ端末が所在不明に - 病院と業者でわかれる見解
保健所提供データに個人情報、加工前データの削除を失念 - 静岡市
データ判読のため持ち出した患者情報含むUSBメモリを紛失 - 杏林大付属病院
集団接種会場でワクチン予約者リストを紛失 - 相模原市
「Emotet」に感染、診療業務には影響なし - 那須南病院
個人情報開示時に他患者情報が混入 - 三重県の医療センター
医師の私物PCから個人情報流出の可能性 - 新潟県立精神医療センター