Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オンラインストレージ「Nドライブ」で一部ユーザーのデータが消失した可能性

LINE(旧NHN Japan)は、同社が提供するオンラインストレージサービス「Nドライブ」において、一部利用者のデータが消失した可能性があると発表した。被害範囲を特定できていないという。

データが消失の可能性があるのは、2013年3月22日までに1年以上「Nドライブ」へログインしていない利用者。同社では、プログラムの不具合が原因であると説明しており、すでに修正を終えているという。

同社では正確な被害規模を特定できておらず、影響の範囲を把握したいとして、データの消失が発生した利用者に対して、4月12日までに同社問い合わせ窓口まで連絡するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

空調システムに特化したセキュリティ対策GLを公開 - 経産省
ロジテックがフォレンジックサービスに参入 - メーカーや機器問わず対応
攻撃元はパートナー企業、二次流出の痕跡見つからず - キンコーズ
サイバー攻撃で注文情報が消失や流出の可能性 - キンコーズ
自治体向けSaaSでデータ消失、最大257団体に影響 - 同期操作のミスで
緊張高まる国際情勢を受けてセキュリティ対策強化呼びかけ - 経産省
スマホアプリのウェブサーバがサイバー攻撃被害 - フォレスト出版
委託先に不正アクセス、個人情報800万件流出か - NTTぷらら
サーバ3台がランサムウェア被害 - 岡野バルブ製造
スキー場の滑走記録アプリに不正アクセス - ログや画像が消失