Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、IT化進む自動車の情報セキュリティ動向や開発者向け資料を公開

情報処理推進機構(IPA)は、IT化が進む自動車の情報セキュリティに関するポイントをまとめた資料や、セキュリティ動向をまとめた報告書を公開した。

ネットワークへ接続できる自動車が登場し、サイバー攻撃の対象となる可能性が生じているほか、長期間にわたり利用され、将来を見据えた情報セキュリティ対策を講じる必要があるとして、同機構では、調査研究を進めている。

今回取りまとめた「自動車の情報セキュリティへの取組みガイド」は、自動車の開発者に向けた資料で、情報セキュリティの取り組みを強化するための指針をまとめた。自動車本体や車載機器に関し、企画から廃棄にいたるライフサイクルにおいて、検討すべき15項目を盛り込んでいる。

一方、報告書「2012年度 自動車の情報セキュリティ動向に関する調査」では、国内外における自動車のセキュリティ動向について取りまとめた。

同調査では、研究者によってイモビライザーの脆弱性が指摘されるなど、利便性と安全性のバランスが揺らぎつつあることがわかったという。

(Security NEXT - 2013/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トヨタ子会社のバッテリーメーカーでサイトの改ざん被害
ランサム被害、リモート接続の脆弱性が侵入口に - ニチリン
自動車輸送統計調査で誤送付、別人の回答用パスワードを同封 - 国交省
サーバへランサム攻撃、情報流出を確認 - リケン
国税庁を装うスミッシング - 税金の滞納あるとクレカ情報を要求
KDDIの通信障害、約2日半ぶりにほぼ復旧
ニチリン米子会社でランサム被害 - ウェブの閲覧障害も
ランサムウェア身代金、平均支払額が前年比8割増
子会社リモート接続機器脆弱性が標的に、横展開からランサム - 小島プレス工業
トヨタ、国内の全製造ラインを一時停止 - 部品供給元へのサイバー攻撃で