Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通SSL、標的型攻撃の防止製品 - 危険なメールを検知して警告

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリは、クライアント端末上で不審メールを警告し、添付ファイルやURLへのアクセスを制御する「SHieldMailChecker 標的型メール対策」を4月1日より提供開始する。

同製品は、富士通研究所が開発した送受信連携による検知や学習機能を活用し、メールによる標的型攻撃のリスクを低減するソフトウェア。

受信者ごとに最適化したフィルタを作成するほか、タイムゾーンや経由サーバなどを分析し、クライアントPC上で、なりすましメールをはじめ、危険因子を含むメールを検知してアラートを表示する。

メールを開く前に、危険度に応じた警告画面で受信者に注意を促すほか、さらにプレビュー画面では、添付ファイルを開いたりURLをクリックできない状態で表示。ヘッダ情報も表示する。

提供当初は、「Microsoft Exchange Server」に対応し、今後は、ほかのPOP3サーバにも対応していく予定。

価格は、100ユーザーまで利用できる「基本ライセンスパック100」は、31万5000円。別途保守費用が必要。同社では、今後3年間に売上3億円を目標として同製品を展開していく。

(Security NEXT - 2013/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

さよなら「Adobe Flash Player」 - 年末でサポート終了
都が中小企業セキュ対策であらたな支援事業 - 試験的に機器設置、インシデント対応もサポート
既存サービスを「Emotet」対策として提供 - BBSec
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2020年上半期の標的型攻撃は3978件、前年同期の約1.5倍に - 警察庁まとめ
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
サイバー保険を付帯した標的型攻撃メール訓練をOEM供給