Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットスプリング、統合Windows認証に対応したSSO製品を発売

ネットスプリングは、シングルサインオンを実現するアプライアンスの最新版「SSOcube V1.1」を提供開始した。

同製品は、「代理入力方式」によるシングルサインオン機能を提供するハードウェアアプライアンス。クライアント上の画面を識別し、IDやパスワードなどを自動的に入力できる。

ウェブアプリケーションはもちろん、デスクトップアプリケーションや端末エミュレータに対応。アプリケーションを変更せずに利用できる。

最新版では、従来より個別に対応してきた統合Windows認証を正式にサポート。Windowsのログオンのみでシングルサインオンが行える。また「Windows 7」に対応したほか、「Windows 8」および「Internet Explorer 10」については5月までに対応する予定。

価格は、100ユーザー仕様の「SSOC02-10」の場合、231万円。

(Security NEXT - 2013/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウドセキュリティ市場、高成長を予測 - IDC Japan
Palo Alto Networksの「PAN-OS」に認証回避の脆弱性 - VPNなども影響
「Office 365」の管理者狙うフィッシング攻撃 - さらなる攻撃の起点に
「Zendesk」の一部顧客情報が流出 - 外部の指摘で判明
ImpervaのクラウドWAF利用者情報が流出 - APIキーや証明書なども
2015年の不正アクセスで流出した平文PW見つかる、報償金制度で - Slack
SSOサービスがFIDO2や顔認証に対応 - DDS
認証サービス「ID Federation」がFIDO対応 - NTTコム
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
国内クラウドセキュリティ市場、前年比19.7%増