Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本的経営が内部不正を誘発する可能性 - IPA報告書

情報処理推進機構(IPA)は、有識者による「日本的経営と情報セキュリティ研究会」の報告書を取りまとめた。

同研究会は、商学、経営学、社会心理学、会社法などの有識者が参加し、日本特有の企業環境において、情報セキュリティを定着させるための施策について検討している。

ボトムアップを中心とする「日本的経営」のなかで、トップダウンが不可欠な情報セキュリティ経営をいかに実現するべきか議論し、セキュリティ経営の必要性、経営者のマネジメントのあり方など報告書にまとめた。

また企業における組織的な内部犯罪と、日本的経営を特徴付ける「終身雇用」との関係性についても調査を実施。

雇用の安定、職場環境の向上、組織の価値を従業員に周知することが不正防止に役立つ一方、組織への一体感、功利的な帰属意識や人間関係など、日本的経営の要素が、内部の組織的な不正を誘発する可能性もあると指摘している。

(Security NEXT - 2013/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

火災調査関連の個人情報含むHDDを紛失 - 弘前地区消防事務組合
被保険者や求職者情報含むバックアップ媒体を紛失 - 厚労省
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
郵便物差出票に個人情報含む用紙を再利用 - 大阪市
信用保証情報を含むファイルを誤送信 - 長崎県信用保証協会
顧客情報含む書類が車上荒らし被害に - 中部電力関係会社
脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE
クラウドのシステムが暗号化され脅迫受ける、詳細は調査中 - ベルパーク
マルウェアに感染でなりすましメール - 浄水器販売会社
海外出張先で個人情報含むPCが鞄ごと盗難 - 金沢大