Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、Mac OS Xに存在するJavaの脆弱性を修正 - マルウェア対策ツールも

Appleは、セキュリティアップデート「Java for OS X 2013-001」「Mac OS X v10.6 Update 13」の提供を開始した。

両プログラムは、脆弱性を修正した「同6 Update 41(同1.6.0_41)」へのセキュリティアップデート。信頼できないJavaアプレットがサンドボックス外で実行される脆弱性を修正した。Oracleが2月1日や19日に公開した「クリティカルパッチアップデート(CPU)」の内容が含まれる。

「Java for OS X 2013-001」は、「Mac OS X 10.7」および「Mac OS X 10.8」に提供するプログラム。「Java SE 6 Update 37(Java 1.6.0_37)」における33件の脆弱性を解消する。

一方「Mac OS X 10.6」に関してAppleでは、「同6 Update 39(同1.6.0_39)」へアップデートする「Java for Mac OS X v10.6 Update 12」を2月1日より提供しているが、今回の「Mac OS X v10.6 Update 13」により、さらに3件の脆弱性に対処した。

また今回のアップデートでは、マルウェアの駆除ツールを実行する。マルウェアを発見した場合は、ユーザーに通知した上で削除する。

(Security NEXT - 2013/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Mozilla、ブラウザの最新版「Firefox 126」を公開
サードパーティ製ソフトに起因する脆弱性7件を修正 - Atlassian
Oracle、「Java SE」に関する脆弱性13件を修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - のべ441件の脆弱性に対応
「Firefox 124.0.1」が公開、深刻な脆弱性2件を解消
ワークフロー管理の「Apache DolphinScheduler」に脆弱性
Juniper製SIEM「Juniper Secure Analytics」に複数の脆弱性
Ivanti脆弱性、PoC公開で攻撃増 - 痕跡消去の可能性も踏まえ調査を
「Java SE」に複数の脆弱性 - アップデートを公開
Oracle、四半期定例パッチを公開 - のべ389件の脆弱性を修正