Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「罰金払え」と警察装う「ランサムウェア」の作者がドバイで御用 - 100万ユーロを荒稼ぎか

感染したパソコンを使用不能にし、復旧費用を要求するマルウェア「REVETON」を作成していた犯罪グループの主犯格が、スペイン当局によって逮捕された。

問題のマルウェア「REVETON」は、感染するとパソコンを利用できなくし、金銭を脅し取る「ランサムウェア」。今回逮捕されたグループの手口は、警察を装った画面を表示し、罰金と称してユーザーより金銭を騙し取るもので、約1年間の被害額は100万ユーロ、日本円で約1億2500万円にのぼると見られる。

同マルウェアについて調査し、欧州において犯人検挙に向けて各国当局へ情報提供など協力を進めてきたTrend Microによれば、スペイン当局が、ロシア出身の主犯格1名をドバイで拘束したという。

またマネーロンダリングに携わったメンバー10名も逮捕した。グループは騙し取った電子マネーをスペインで現金化し、ロシア在住のリーダーへ送金していた。

(Security NEXT - 2013/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

松井証券で顧客資産約2億円が不正引出 - 長年業務に携わる委託先SEが権限悪用
訪問代理店が顧客情報を不正取得 - ソフトバンク
「Emotet」で10億円以上荒稼ぎか - インフラ維持に5000万円
ソフトバンク元従業員が逮捕 - 技術情報を転職先に持ち出しか
楽天モバ、従業員逮捕でコメント - 営業秘密利用は未確認
不正プロダクトキー販売、不正競争防止法違反で送検
自宅で個人情報を保持して外部漏洩、職員を懲戒免職 - 弘前市
顧客情報を漏洩した元職員が逮捕 - 百十四銀
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
個人情報漏洩で弘前市の職員が逮捕