Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

人気ゲーム「Temple Run 2」に便乗した不正Androidアプリが出回る

スマートフォン向けに提供されている人気ゲームアプリ「Temple Run 2」の偽アプリが出回っている。

Imangi Studiosでは、iOSや、Android向けに提供しているゲームアプリ「Temple Run」の続編として「Temple Run 2」を、Appleの「App Store」にて先行公開し、今後Android向けにも提供する予定だが、正式版が公開される前に、早くも偽アプリが非公式サイトなどで公開されている。

Trend Microでは、「Temple Run 2」を装った偽アプリを入手。検証したところ、ユーザに広告を通知するアプリでゲーム機能を有していなかった。また別のアプリは壁紙アプリや、異なるゲームアプリのダウンロードを促すために利用されていた。

これらは情報の窃取など悪質な攻撃は見られなかったが、同社では、「Angry Birds」をはじめ、これまでも人気アプリの偽アプリをたびたび確認しており、今後より有害な偽アプリが公開されるおそれがあるとして注意を促している。

(Security NEXT - 2013/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマホアプリ「ぐるなび」に脆弱性 - 任意サイトへの誘導に悪用されるおそれ
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
CiscoのWindows向けVPNクライアントに脆弱性 - 更新を
Android版「COCOA」で不具合 - 実機の動作検証で判明
悪意あるファイル5%増、URLは6割減 - カスペ調査
エレコムの旧複数製品に脆弱性 - サポート終了製品の利用中止を
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
「Firefox」に深刻な脆弱性 - Android版にも影響
「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘