Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「gooメール」の障害、原因はデータセンターの電源工事ミス

NTTレゾナントは、「gooメール」で半日にわたり発生していた障害の原因が電源供給の遮断であったことを明らかにした。メールの消失は発生していないという。

今回の障害は、1月15日12時ごろから16日1時過ぎにかけて、gooメールへのログインやメール作成、送受信、設定などの全機能が利用できなくなったもの。ログイン機能の復旧後も、一部メールに遅延が生じるなどの影響が生じた。

障害の原因は、システムが収納されているデータセンターで行われた電源工事の作業ミスで、電源供給が遮断され、システムがダウンしたという。メールボックスに保存されたメールの消失などはなかった。

障害発生中にgooメール宛てに送信されたメールについては、送信者にエラーで返送されている可能性がある。

(Security NEXT - 2013/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

厚労省の人工呼吸器利用者向け優先配布事業で配送伝票に個人情報を誤記載
クラウドのシステムが暗号化され脅迫受ける、詳細は調査中 - ベルパーク
障害者支援施設サイトに入所者の個人情報を誤掲載 - 神奈川県
配食サービスの利用者リスト、突風で紛失 - 東京都港区
就学支援金支給停止通知など書類の誤送付が発生 - 新潟県
個人情報を別業者へ誤通知、システム障害影響で - 九電
教育クラウドサービス「Classi」に不正アクセス - 全利用者のIDなど流出
市営住宅の入居者名簿が所在不明 - 大村市
駐輪場で個人情報含む書類を紛失 - 大阪市
金沢大のメルアカ乗っ取り、個人情報流出のおそれも