Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報記載の内部資料が匿名で郵送、流出経路は不明 - 水戸信金

水戸信用金庫は、顧客情報を含む潮来支店の内部資料が外部へ流出したことを明らかにした。外部から書類が届き、問題が判明したという。

12月10日に同金庫の本店へ届いた封書のなかに、内部資料の原本が入っていたもの。同資料には、潮来支店の個人顧客50人の氏名、住所、電話番号、融資残高などが記載されていた。

資料の記載内容は10月31日時点のものだが、封書に差出人の記載はなく、現段階で流出経路は不明。同金庫では対象となる顧客と直接面談し、事実説明と謝罪を行っているが、二次被害は確認されていないという。

(Security NEXT - 2012/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メアドを入力ミス、第三者にメールを誤送信 - 新潟県
個人情報含む書類を自宅に持ち帰り、職員を懲戒処分 - 牟岐町
SQLi攻撃で顧客情報流出、顧客に脅迫メールも - アパレルブランド
認知症高齢者の発見協力者を登録ミス、第三者にメール送信 - 大阪市
漁協直売店で「Emotet」感染 - 通販サイトのメールが流出
宛名と異なる住所へ給付金決定通知書を送付 - 鎌倉市
採用合格通知1件を誤って17人に送信、別人に送るミスも - Osaka Metro
高齢者支援施設名乗る不審メール出回るもマルウェア感染確認されず - 仙台市
特別給付金申請書に別世帯の個人情報 - 豊田市
「Emotet」感染でなりすましメールが送信される、情報流出も - テスコム