Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ハンモック、なりすましなどブランドの不正利用を発見するサービス

ハンモックは、インターネット上において不適切なブランドの取り扱いを発見し、リスクを管理できるサービス「GLUE CI」を提供開始した。

同サービスは、インターネットで公開されている組織のブランド関連情報を収集するツール。ブランドの不正利用や過大広告、なりすまし、オークションへの不正出品など、ブランドを棄損するおそれがある行為を発見できる。

月額利用料は、15万7500円から。別途初期導入費用が必要。同社では今後1年間に50社へ提供することを目標にサービスを展開していく。

(Security NEXT - 2012/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

未開封を保証する封印ラベルで新ブランド - トッパン・フォームズ
衰え見せぬフィッシング攻撃 - 報告、URLともに最多記録を更新
偽日本郵便の詐欺メールに注意 - 誘導先ドメインに「paypay」の文字列
マルウェアに感染でなりすましメール - 浄水器販売会社
フィッシング報告、2万件の大台突破 - 上位4ブランドで9割超
フィッシング攻撃が多い曜日は? - 悪用ブランドはMSが突出
VPN認証情報漏洩に見る脆弱性対策を浸透させる難しさ
スマホプレゼントとだます偽OCNのフィッシングに注意
フィッシングサイトが最多記録を更新 - 報告数も高水準
3月に国内ホストのフィッシングサイトが急増 - RSA