Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

入院患者の処方箋が路上に散乱、回収漏れの可能性も - 八王子の精神科病院

東京都八王子市の平川病院は、入院患者の個人情報含む処方箋が廃棄業者により誤って資源ごみに出され、運搬途中で路上に飛散していたことを明らかにした。

飛散した処方箋は、2007年12月1日から同月31日の間に発行された入院患者の臨時処方箋。患者の氏名、生年月日、処方内容が記載されていた。10月20日に廃棄業者が誤って資源ごみとして持ち出したが、運搬途中の路上で約1キロにわたって飛散したという。

近隣住民から連絡があり、職員が168枚を回収したが、回収漏れの可能性もあるという。同院では、電子カルテで履歴を確認し、対象となる患者に謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2012/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

運搬中に生活保護関係書類が落下し飛散 - 北海道
中古重機の販売サイトで不具合 - 他顧客情報を誤表示
個人情報を一般ゴミで廃棄、路上散乱 - 大阪府立高校
NTTコムなど通信サービスの申込書が運搬中に高速道路へ散乱
自立支援センター入退所者の個人情報を紛失 - 大阪市
医療センターの問診票が運搬中に飛散 - 春日部市
アンケート用紙が運搬中に飛散、一部紛失 - 名古屋観光コンベンションビューロー
溶解処理する書類を運搬中に紛失 - ワンビシアーカイブズ
関係者や一般人の画像データ含むカメラを紛失 - 大阪府
即売CDの予約票控えを紛失、配送できない状態に - ローソン子会社