Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性発見されるも連絡取れない開発者98件 - 公表開始後1年で調整再開13件、終了は5件

情報処理推進機構(IPA)とJPCERTコーディネーションセンターは、2012年第3四半期における「連絡不能開発者一覧」の公表状況について発表した。

同一覧は、製品の脆弱性について届け出を受けながらも、連絡が取れず調整が滞っている製品開発者のリスト。脆弱性が放置されることを防止するため、一定期間連絡が取れない製品開発者や具体的な製品について、JVNで公表している。

2012年第3四半期に新規で公表した製品開発者はなく、前四半期同様、98件を公開している。期間中、あらたに連絡を取れた開発者はいなかった。前四半期に「製品開発者名」を2件公表したものの、その後も連絡は取れておらず、「製品情報」を追加で公開している。

2011年9月29日の公表開始から2012年9月27日までの約1年間に調整が再開したのは、13件。そのうち5件で取り扱いが終了した。

(Security NEXT - 2012/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
2020年の上場関連企業における個人情報事故 - 103件2515万人分
米NSA、脆弱なTLS構成の利用排除を要請
セキュリティ事件の認知度、1位はドコモ口座の不正出金
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
アクセス制御技術の研究開発情報を募集 - 政府
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
ランサムウェアからソフトウェア開発企業を守る10カ条 - CSAJ