Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマホカメラを利用した静脈と掌紋のハイブリッド認証ソフトを開発

ソフトバンクモバイルとユニバーサルロボットは、スマートフォンなどのカメラを利用し、手のひらの静脈と掌紋の形状によるハイブリッド認証を行えるソフトをあらたに開発した。

今回両社が開発したのは、スマートフォンや家電に搭載されたデジタルカメラを利用し、静脈と掌紋を同時に抽出して個人を認証するソフトウェア。

静脈認証にあたっては、可視光線を利用する独自の静脈検出アルゴリズムを採用。従来必要とされていた赤外線を利用せずに認証が行える。

両社は、インターネットサービスやオンラインバンキングの認証へ活用できるとし、2012年度中の製品化を目指して開発を進める。

(Security NEXT - 2012/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パスロジ、ファイル送受信用の暗号化サービス - 個人は無料
ロジテックがフォレンジックサービスに参入 - メーカーや機器問わず対応
スマホ向けにトラブル補償付きセキュリティパック - ソフトバンク
顔認証ログオンソフトに覗き込み検知機能 - NEC
eKYC時の顔データを用いて本人認証する新サービス - Liquid
米Transmit SecurityのPWレス認証製品を国内展開 - ラック
認証サーバ内に個人情報を保存しない顔認証ソリューションが機能強化
ネットリスクを学べる高校生向けの無償教材
パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ
電子決済サービスのセキュリティリスクを評価するサービス - NRIセキュア