Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、あらたな脅威への組織による対抗策を考察した「統合リスク管理レポート」

ラックは、あらたな脅威に対し、「組織」として取り組むべきセキュリティ対策について考察した「統合リスク管理レポート」を提供している。

同レポートは、標的型攻撃など取り巻く環境が変化するなか、今後組織に求められるセキュリティ対策について、同社のセキュリティコンサルティングチームがこれまでの経験をもとにレポートとしてまとめたもの。

情報セキュリティマネジメントの枠組みを構築したものの、形骸化したり、インシデントへ効果的な対応ができないといった課題を抱え、あらたな脅威への体制が十分ではない組織があるとして、同レポートでは、対策の一例として「CSIRT」や、同社がコンセプトを提案する「PSOC」について説明している。

平常時や緊急時のおけるセキュリティ推進に必要な機能を備え、情報集約や外部との連携窓口として機能する「CSIRT」にくわえ、ネットワーク内の監視やインシデント対応の実務を担い、危険の兆候を検知する「PSOC」の連携イメージを紹介するとともに、「CSIRT」への権限委譲といった問題についても解説している。

(Security NEXT - 2012/06/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験
「Adobe Acrobat/Reader」に14件の脆弱性、アップデートが公開 - すでにゼロデイ攻撃も
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
コロナ禍2度目のGW、セキュ対策を再確認 - 感染時リスクも想定を
都内中小企業のセキュリティ対策支援事業を実施 - 東京都
生保が契約法人向けに標的型攻撃メール訓練サービスを展開
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
標的型攻撃メール訓練を刷新、セルフ実施を支援 - ラック