Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

返戻金に関するデータ約40万件含むCD-ROMを紛失 - 損保ジャパン

損害保険ジャパンは、満期返戻金および解約返戻金に関するデータあわせて40万6632件を記録したCD-ROMを紛失したと発表した。

同社の事務本部ビルにおいて、顧客情報を記録した2枚のCD-ROMが所在不明となっているもの。2枚は同一内容で2011年5月にバックアップ用として作成されたが、2012年5月に保管状況を確認したところ、紛失していることが判明したという。

同ディスクには、積立型保険で2009年9月から2011年2月の間に満期返戻金を支払った契約26万1580件、および2005年4月から2008年3月の間に解約返戻金を支払った契約14万5052件に関するデータが記録されていた。契約者と請求者の氏名、証券番号、満期日、口座情報、返戻金額などが含まれる。

不正利用などの報告は確認されていない。同社では、本部内で誤って廃棄した可能性が高いとし、ディスク内のデータは専用の閲覧ソフトのみ読み取り可能であるとして、情報が外部へ流出するおそれは低いと説明している。

(Security NEXT - 2012/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
患者情報扱うPCが所在不明、店舗リフォーム時に誤廃棄か - 調剤薬局
不正アクセスで顧客情報約8.8万件が被害か - 保険代理店
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
被保険者や求職者情報含むバックアップ媒体を紛失 - 厚労省
個人情報含む国民健康保険の申請書を誤送付 - 郡山市
不正アクセスで保険契約情報など顧客情報流出の可能性 - 保険代理店
介護保険被保険者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 播磨町
郵便物差出票に個人情報含む用紙を再利用 - 大阪市