Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生向け合宿イベント「セキュキャン2012」の参加者募集期間が延長

情報処理推進機構(IPA)は、8月に開催を予定している学生を対象とした合宿イベント「セキュリティ・キャンプ中央大会2012」について、応募締切を7月9日に変更した。

同キャンプは、情報セキュリティを中心とした高度なIT技術を持つ人材の発掘や育成を目的に、22歳以下の学生を対象に実施する4泊5日の合宿イベント。第一線で活躍する技術者を講師陣に招き、実践的な演習などを展開する。募集人員は40人程度で、参加費は無料。交通費や食事代も支給される。

当初、参加者募集の締め切りを6月25日としていたが、より広く周知するため、7月9日17時まで延長した。これを受け、審査結果の通知時期も従来の7月上旬から下旬へ変更となっている。

(Security NEXT - 2012/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

財務省、実践的サイバー防御演習の見直し求める
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020を策定」 - 総務省
ウェブセキュリティ実務者向けに「徳丸実務試験」 - 2021年4月に開始
ラックと日本女子大、産学連携でセキュ教育 - 「CTF」演習も
JICA関連サイト、44回の不正アクセス - 入手アカウントでさらなる情報窃取の可能性
JICA関連サイトに不正アクセス - メアドやPWなど流出
「SecHack365 2020」、まもなく参加応募を受付開始
「SecHack365 2020」の募集詳細、4月15日ごろ公開予定
香川大とネットワン、セキュ技術者育成プログラムを共同開発