Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

AIU、サイバー攻撃の初期対応費用を補償する保険 - 調査や拡大防止を支援

AIU保険会社は、標的型攻撃をはじめとするサイバー攻撃発覚時の初期対応費用を補償する個人情報漏洩保険向けの新特約を発売した。

今回同社が発売した「サイバー攻撃対応費用特約」は、サイバー攻撃の被害発生時に初期対応費用を補償する企業向けの費用保険。個人情報漏洩保険の特約として提供する。

不正アクセスやDoS攻撃、マルウェアの送付、なりすましといったサイバー攻撃を受け、セキュリティ専門機関による被害状況の調査、証拠保全、保全データのフォレンジック調査、被害拡大防止といった初期対応費用が発生した場合に、保険金を支払う。

従来より同社では個人情報漏洩保険において、漏洩に起因した対策費用を特約で補償しているが、今回の特約を追加することにより、漏洩の有無が判明していない段階のサイバー攻撃についても対応費用をカバーすることが可能。信用失墜や被害拡大を抑え、賠償リスクを軽減できる。

(Security NEXT - 2012/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2020年上半期の標的型攻撃は3978件、前年同期の約1.5倍に - 警察庁まとめ
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
サイバー保険を付帯した標的型攻撃メール訓練をOEM供給
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
米政府、北朝鮮関与「BeagleBoyz」に注意喚起 - 金融機関狙う「FASTCash 2.0」を展開か
標的型メール攻撃で感染する「Konni」に警戒呼びかけ - 米政府