Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

AIU、サイバー攻撃の初期対応費用を補償する保険 - 調査や拡大防止を支援

AIU保険会社は、標的型攻撃をはじめとするサイバー攻撃発覚時の初期対応費用を補償する個人情報漏洩保険向けの新特約を発売した。

今回同社が発売した「サイバー攻撃対応費用特約」は、サイバー攻撃の被害発生時に初期対応費用を補償する企業向けの費用保険。個人情報漏洩保険の特約として提供する。

不正アクセスやDoS攻撃、マルウェアの送付、なりすましといったサイバー攻撃を受け、セキュリティ専門機関による被害状況の調査、証拠保全、保全データのフォレンジック調査、被害拡大防止といった初期対応費用が発生した場合に、保険金を支払う。

従来より同社では個人情報漏洩保険において、漏洩に起因した対策費用を特約で補償しているが、今回の特約を追加することにより、漏洩の有無が判明していない段階のサイバー攻撃についても対応費用をカバーすることが可能。信用失墜や被害拡大を抑え、賠償リスクを軽減できる。

(Security NEXT - 2012/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

都内中小企業を対象としたセキュ対策助成金の募集がスタート
米政府、脆弱性「Citrix Bleed」についてガイダンスを公開
2024年1Q、フィッシングサイトが増加 - サイト改ざんやスキャン行為は減少
J-CSIP、2023年4Qは脅威情報15件を共有 - 巧妙なフィッシングの報告も
先週の注目記事(2024年2月25日〜2024年3月2日)
Windowsのゼロデイ脆弱性「CVE-2024-21412」、昨年12月下旬より悪用
「セキュリティ10大脅威2024」 - 個人の脅威は順位表示を廃止
インシデント件数が約1割増 - 「スキャン」報告が倍増
国内組織狙う標的型攻撃 - 対象製品利用者は侵害有無の確認を
J-CSIP、24件の脅威情報を共有 - 標的型攻撃は5件