Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、注意喚起配信サービス「icat」にFlashのバージョンチェック機能を追加

情報処理推進機構(IPA)は、同機構が公開した脅威情報や注意喚起などを配信する「サイバーセキュリティ注意喚起サービスicat」の機能を強化した。

120501ip_01.jpg
Flashの旧バージョン利用者に対しては、右側のようにバージョン表示し、注意を促す(画面:IPA)

同サービスは、ウェブサイトへHTMLを追加することにより、サイバー攻撃やウイルス、不審なメール、脅威予兆、脆弱性情報など、同機構が公開した緊急対策情報や注意喚起を配信できるもので、2011年11月より提供している。

今回、同サービスへ「MyJVNバージョンチェッカ」の簡易機能として「Adobe Flash Player バージョンチェック機能」を追加した。

同サービスをブラウザ上に表示するとバージョンチェックが行われ、旧バージョンの利用者に対して、最新版がインストールされていないことを表示。JVNへ誘導し、アップデートを促す。

(Security NEXT - 2012/05/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験
IPA、サイト脆弱性対策ガイドを改訂 - 一見問題なくとも脆弱性対策を
「baserCMS」にOSコマンドインジェクションなど3件の脆弱性
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
「UNIVERGE」シリーズの「IP-PBX」製品に脆弱性
WP向け会員制サイト構築プラグインにSQLi脆弱性
1年間不使用のメールアカウントに不正アクセス - 人道支援団体
ISMAPクラウドサービスリストが公開 - 7社10サービス
ブラウザの通知機能を悪用、巧妙な「偽アラート」に注意
サーバがランサム感染、情報流出の可能性 - ランドブレイン