Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、注意喚起配信サービス「icat」にFlashのバージョンチェック機能を追加

情報処理推進機構(IPA)は、同機構が公開した脅威情報や注意喚起などを配信する「サイバーセキュリティ注意喚起サービスicat」の機能を強化した。

120501ip_01.jpg
Flashの旧バージョン利用者に対しては、右側のようにバージョン表示し、注意を促す(画面:IPA)

同サービスは、ウェブサイトへHTMLを追加することにより、サイバー攻撃やウイルス、不審なメール、脅威予兆、脆弱性情報など、同機構が公開した緊急対策情報や注意喚起を配信できるもので、2011年11月より提供している。

今回、同サービスへ「MyJVNバージョンチェッカ」の簡易機能として「Adobe Flash Player バージョンチェック機能」を追加した。

同サービスをブラウザ上に表示するとバージョンチェックが行われ、旧バージョンの利用者に対して、最新版がインストールされていないことを表示。JVNへ誘導し、アップデートを促す。

(Security NEXT - 2012/05/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「SECURITY ACTION」の宣言事業者、約4割が効果を実感
「セキュリティ・キャンプ2024全国大会」の応募受付を開始
「情報セキュリティ10大脅威2024」簡易資料が公開 - 新年度の研修にも
スマートフォンアプリ「Yahoo! JAPAN」にXSSの脆弱性
政府や独法関係者対象にCTFコンテスト「NISC-CTF」を開催
2024年春季の登録セキスペ応募者、前年から13.3%増
効率的な脆弱性対策を支援するオンラインセミナー開催 - IPA
J-CSIP、2023年4Qは脅威情報15件を共有 - 巧妙なフィッシングの報告も
IPA、「情報セキュリティ10大脅威 2024」の解説書を公開 - 活用法なども紹介
「AI」の安全性に対する評価手法を検討する機関を設立 - IPA