Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、注意喚起配信サービス「icat」にFlashのバージョンチェック機能を追加

情報処理推進機構(IPA)は、同機構が公開した脅威情報や注意喚起などを配信する「サイバーセキュリティ注意喚起サービスicat」の機能を強化した。

120501ip_01.jpg
Flashの旧バージョン利用者に対しては、右側のようにバージョン表示し、注意を促す(画面:IPA)

同サービスは、ウェブサイトへHTMLを追加することにより、サイバー攻撃やウイルス、不審なメール、脅威予兆、脆弱性情報など、同機構が公開した緊急対策情報や注意喚起を配信できるもので、2011年11月より提供している。

今回、同サービスへ「MyJVNバージョンチェッカ」の簡易機能として「Adobe Flash Player バージョンチェック機能」を追加した。

同サービスをブラウザ上に表示するとバージョンチェックが行われ、旧バージョンの利用者に対して、最新版がインストールされていないことを表示。JVNへ誘導し、アップデートを促す。

(Security NEXT - 2012/05/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国家資格「登録セキスペ」の問題作成者を募集 - IPA
「SKYSEA Client View」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
米NSA、脆弱なTLS構成の利用排除を要請
フォト管理アプリに不正アクセス - ユーザー情報最大143万件が流出
NEC製サーバの監視インタフェースに脆弱性 - 「IPMI over LAN」の利用停止を
NECプラットフォームズ製のIP-PBXサーバに深刻な脆弱性
テレワーク実施する取引先のセキュリティ対策に半数が不安
「情報システムモデル契約」に改訂版 - セキュ仕様の作成プロセスも整理
NEC製セキュアプライアンスに複数脆弱性 - 3月の更新で修正済み
「FileZen」脆弱性、悪用でOSコマンド実行のおそれ - 追加アップデートも