Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約2800件の契約情報をメールで誤送信 - アフラック

アメリカンファミリー生命保険(アフラック)は、契約者情報を、誤った宛先にメールで送信していたことを明らかにした。

2月27日に同社仙台総合支社の従業員が、契約情報を保存したファイルをメールで同社代理店へ送信しようとした際、無関係の宛先に誤送信したもの。送信先とは連絡が取れない状況だという。

送付したファイルには、氏名や生年月日、住所、電話番号のほか、保険の種類や支払い方法、保険料など2809件の契約情報が保存されており、個人情報2555人分が含まれる。

同社は同ファイルについて、センシティブ情報やクレジットカード情報は含まれておらず、パスワードについても設定していたと説明している。

今回の事故を受け、同社では関連する顧客に対して書面を送付し、事情の説明や謝罪を実施。また再発防止のため、データの送信法法について見直しを行うとしている。

(Security NEXT - 2012/03/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マイナンバーカードの交付関連書類が所在不明 - 横浜市
30支店で本人確認書類の管理不備が判明 - 愛媛銀
国民健康保険税還付者の口座情報をサイトに誤掲載 - 日向市
通知メール誤送信で介護保険事業者のメアド流出 - 津市
マイナンバー含む共済金の支払調書データを誤廃棄 - JA福井県
介護保険料納入通知書を誤送付、委託先が封入ミス - 笠間市
健診データ送付時に他事業所データを混入 - 報道健保
被保険者情報を無関係の自治体へ誤送信 - 北海道国民健康保険団体連合会
紛失や誤送付など個人情報関連事故2件を公表 - 八千代市
保険契約者の個人情報含む資料を紛失 - 日生グループの保険代理店