Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DLP製品による機密情報漏洩対策は約3割が実施 - トレンド調査

トレンドマイクロは、同社が提供する「サイバー攻撃」の無料診断サービスによる回答結果を取りまとめた。

回答591件を同社がまとめたところ、もっとも対策が進んでいたのが、クライアントPCやサーバにおけるセキュリティ製品の更新で、76.5%と4社に1社が最新の状態に保っていると回答した。

次に対策が進んでいるのが、公開システムと社内システムにおけるネットワークの分離で73.9%、重要度が高い情報へのアクセスを制限している企業も71.4%と7割を超えている。

一方、端末へ重要度が高い情報の保存を制限している企業は23.9%にとどまり、DLP製品などによる機密情報の漏洩防止についても実施率は30.5%と低調だった。同社は企業の機密情報などの重要な情報資産の管理が徹底されていないと指摘している。

(Security NEXT - 2012/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシング報告が過去最多、6万件超 - 2年前の約7.7倍に
11月のDDoS攻撃は前月から微増、2.7時間にわたる攻撃も - IIJ調査
国の行政機関メルマガ、「DMARC」対応1割届かず - 設定不備が4割弱
「Log4Shell」の悪用、国内でも多数検知 - 国内で被害も
DX担当者の3割が過去にインシデントを経験 - トレンド調査
4割強「コロナ禍でネットのトラブル増えた」
11月のフィッシング攻撃、「報告件数」「URL件数」ともに高水準
10月のDDoS攻撃、前月から減少 - IIJまとめ
ゲーム利用者の約4割が複数ゲームアカウントでパスワードを使いまわし
大手でCEO直属のCISOが増加 - 米国では4割超に